仕事

印刷の価格って色々ですね。

イラストレータで作成したパンフレット(A4三つ折)の見積を取ったところ、価格差がかなりあることがわかりました。

それは、2万8千円~13万円までの間があるので驚きです。紙の種類だとか厚みはもちろん同じでこうも違います。

インターネットでの価格は、そうしたところを見分けるときに参考になります。見積を出す側としてはそれなりの言い分があると思いますが、流石にカラーレーザープリンターが買える見積だと考えますよね。A4サイズのものでも、8万円も出せば買えますから!

機械を買って印刷した方がマシな気がします。そうしてみると印刷業界も、なかなかやりにくいところだと思います。

近くの広告代理店は、やはりインターネットを意識してか?見積価格はそれに合わせています。ところで地元の印刷会社も広告代理店も原稿の拡張子はAIを求めたがります。

これって?何故でしょうか?編集プログラムを渡せば色々無料で調整してくれるのでしょうか?それとも印刷の調整上必要なのでしょうか? どうもそうではないようです。

それは編集原稿を手にすることで、原稿を印刷会社や広告代理店が修正できるので、追加料金が稼げるところがみそみたいですね。そして、あわよくば、次回の印刷のときにデザイナー抜きの原稿編集を自分のところでやれることで稼げるのがいいからでしょう。

インターネットでのデータ送信は20MBぐらいまでは、送れますが、原稿が200MBとなると無理ですよね。そんなときはPNGで送れば容量が小さくてすみますから、それで十分だと思いますが・・・それともAIの拡張子のデータをもらった方が、目も覚める画像になるというのでしょうか?ちなみに拡張子がPNGでのデータをインクジェットで印刷してみましたがとてもきれいなパンフレットに仕上がりました。

流石はイラストレータですね!

by  大藪光政

|